医師と腰の患部

ヘルニアに多い年代

脳動静脈奇形のことなら豊富な経験を持つこちらの脳神経外科に相談してみましょう。数々の実績を持ち、後遺症のない手術を目指しています。

腰椎椎間板ヘルニアの治療は様々あり、薬やクリニック、運動などがあります。効果の出やすいものを選択しましょう。

現代病と言われる椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアは10代後半から40代、特に20代、30代の人に多い病気である。力仕事をする人にだけではなく、長時間のデスクワークを行うような人にも症状がでる。最近では、10代のヘルニア患者にも増えてきており「現代病」と言われてるようになっている。若い者は特にスマートフォンや携帯ゲームの長時間の使用で同じ姿勢をしていたり、うつ伏せの状態で使用することも多いだろう。今後もパソコンでの作業がある限り、腰痛や椎間板ヘルニアなどの症状に悩まされる人は減ってはいかないだろう。 椎間板ヘルニアは発症すると、今までの生活のように出来ていたことが出来なくなったりする。そうならないためにも、現代病と呼ばれてる今、他人事と思わず日頃から気をつけていた方がよい。

発症しやすい動作、発症した後について

日常生活において、椎間板ヘルニアを発症しやすい動作がある。中腰で重たい荷物を運ぶ、長時間のデスクワーク・運転、体をひねる動作などは腰に負担をかけるため、普段から気をつけておこう。 また、もし痛みが強いとかんじた時行ってはいけないことは、マッサージや指圧、整体などはかえって痛みが悪化するため安静にしておく必要がある。その他に首をそらす様な仕草や、長時間の姿勢や動作を行うのは控えた方がよい。 行ってよいことは、軽いストレッチと血行の良くなるお風呂や軽いスポーツ、ウォーキングなどは行っていてよい。普段からなるべく軽いスポーツをするなど体を動かす様にしていた方がよい。 痛みがひどい場合は、安静にし病院で正しい治療を受ける様にしよう。

ピックアップ

ガンマナイフ治療とは

腰を抑える人

脳動静脈奇形では、ガンマナイフ治療というのが行われます。このガンマナイフ治療は、放射線照射装置を使用して治療を行うもので、体への負担が少ないといったメリットがあるのが特徴です。

More...

ガンの死因で上位

施術を受ける人

身体に異常を感じ、すい臓がんと気づいたときにはすでに進行していることが多い病気です。早いうちに発見することが大切になりますので、日ごろから定期的に検診を受けることをオススメします。消化器科や内科を受診しましょう。

More...

あらわれる症状

腰を痛めている人

頸椎椎間板ヘルニアは首から肩にかけて電気が走るような痛みが生じます。なので、安静にして、首から肩にかけて負担の少ない生活を心がけることにより改善されます。また日頃から適度に凝りをほぐしたり体操をする事で未然に防ぐ事ができます。

More...